村上整体院のブログ

埼玉県川越市村上整体院のブログです。日々の症例や治療についての考えを綴っています。

サッカー少年のシンスプリント

13歳 男子 サッカー 入間市より来院

 

以前オスグッドを当院で治療したサッカー少年。今度は左右のシンスプリントです・・・

 

軽いジョグ程度でも痛みがあり、練習も見学中。圧痛や腫れもあります。

 

シンスプリントは、スネの内側に位置する脛骨の下方1/3に痛みが発生する症状。

脛骨過労性骨膜炎とも言って、走行系のスポーツ障害の代表のような疾患です。

f:id:ymmurakami4378:20191009103507j:plain 

シンスプリントの治療は関連している過緊張と起こしている筋肉をまずしっかり緩めて、それからは筋力低下を起こしている筋肉に促通して足関節や膝関節の安定性を高めます。

ここで言う筋力低下を起こしている筋肉は腓骨筋や後脛骨筋。

足関節が不安定になると関節運動が正常に行われなくなり、その結果、着地する足がズレてしまい、スネや足首に痛みを起こします。

 

あとは、連動部位をゆるめます。こんなとこ関係あるの~?ってところも緩めます。

 

すると、ジャンプしても痛みがなくなります。

(程度の酷い方は苦労することありますが・・)

 

2回目の治療でジャンプ・ケンケンOK

 

3回目の治療で練習別メニューで復帰

 

4回目で通常練習復帰

 

5回目で痛みないので終了となりました。

 

この時期は大会やセレクションが多く、予約が取りづらい状況でご迷惑お掛けしていますが、痛みを我慢しないで早めにご相談下さい。

 

https://ym-murakami.net/