村上接骨院のブログ

埼玉県川越市村上接骨院のブログです。日々の症例や治療についての考えを綴っています。

自律神経の不調からくる頭の重さや耳の閉塞感

 47歳会社員 男性

 

 3ヶ月前からの症状。以前にもなったがそれはすぐに治った。

仕事でのストレスや人間関係もある。受け止めいてしまうタイプだと言っている。

①頭が重い(モーっとする)②耳の違和感(閉塞感・両側)③身体全体が重い(特に朝、日中はまだまし)④右坐骨神経痛(1年前から)⑤中途覚醒からの寝不足。などの自律神経のトラブルから症状が多い。

 

耳の違和感があるので耳鼻科に2回行くが特に異常なし。

 

自分でいろいろ調べて自律神経かなと来院。

f:id:ymmurakami4378:20190826175730p:plain

当院での複数の検査を行うが、どれも前頭部に強い反応あり。

前頭部の反応は脳の疲労(オーバーヒート)からの来ていると説明して自律神経治療。

脳の疲労を回復させるポイントは◯◯にあります。

 

治療後の検査で前頭部の反応がかなり消失している。

通院計画の説明と呼吸法のセルフケアを指導してやってもらう。

 

現代人に多い脳の疲労による身体のコントロール機能の乱れは、それが筋骨格系の症状となって出るケースと自律神経の不調として出るケースがあります。

このケースは7回の治療で前頭部に反応がほぼ消失して、自律神経の諸症状もほとんど無くなりました。

 

坐骨神経痛の症状がやや残っているので、今は坐骨神経痛の治療をメインに行っています。

 

自律神経の不調は検査によって脳循環回路システムのどこにトラブルがあり、症状を起こしているのかを見極めて、原因の反応部位を施術することで症状が軽快します。

 

自律神経のトラブルでお困りの方は当院までご相談ください。

 

村上接骨院