村上接骨院のブログ

埼玉県川越市村上接骨院のブログです。日々の症例や治療についての考えを綴っています。

膝の痛みを最短で治す!

14歳 男子 サッカー

 

クラブチーム所属の中学2年生。

1ヶ月前に試合中に右膝をひねり受傷。

近所の整骨院で膝の捻挫と診断。3週間練習を休んで1週間前から復帰する。

60%くらいのプレーは大丈夫だがそれ以上で強く蹴ると痛い。痛みは膝蓋骨内側の内側裂隙(膝関節の隙間)にある。圧痛もややある。完全屈曲、伸展時痛あり。

股関節の内旋制限あり。もともと身体も固い。

 

同じチームで以前通院していたチームメイトの紹介で車で片道1時間かけて来院。

 

今回の右膝は軽い半月板損傷もしていたかもしれない。うまく半月板が動いてない感じもありました。

初回の治療で治療後しゃがめるが突っ張り感が強いので、膝のセルフケアを指導してやってもらう。

 

1回の治療で90%でもボールを蹴っても痛みがなくなり

2回の治療で練習後のゲームもだいぶ動けるようになった。

3回の治療で普通に試合に出ても痛みがないので終了となった。

 

このケースではまず、膝がスムーズに関節運動が出来るように軸の合わせを行い、それと同時に膝関節を固定する筋肉(ここでは内側ハムと内転筋)をメインに促通して固定力を上げることで痛みがなくなり、普通にプレーすることができました。

 

捻挫などで炎症が起こるとその部分の筋力は確実に落ちます。

炎症が治まり、痛みが引いても、この筋力の低下を戻さないと関節運動が不自然な状態になり、また痛みを起こすのです。

 

関節をスムーズに動かすように、本来の動きと筋力を取り戻せば痛みは早期に無くなります。

これは膝関節に限ったことではありません!

膝の痛みでお困りの方は当院までご相談ください。

 

f:id:ymmurakami4378:20190907092139j:plain

f:id:ymmurakami4378:20190909195020p:plain