村上接骨院のブログ

埼玉県川越市村上接骨院のブログです。日々の症例や治療についての考えを綴っています。

朝イチが痛い坐骨神経痛

41歳会社員(肉体労働)

 

当院に坐骨神経痛で通院していた患者様の会社の従業員さん。社長さんが一度診てくれないかと紹介してくれて来院。

 

2ヶ月前からの左坐骨神経痛。

特に臀部と大腿の痛み・しびれ。

日中はそれほどでもないが、寝ている時と朝イチが痛い。

f:id:ymmurakami4378:20191001133332j:plain


 検査では右短下肢が強い。股関節も動きが固い。

左大腿筋膜張筋に圧痛と股関節外旋時痛がある。

骨盤の歪みがあるのでブロックで骨盤を修正してから多裂筋・腸腰筋の促通をメインに施術を行う。

ヒップアップ(お尻上げ)の動作が検査のときにはほとんど上がらなかったが、促通後はヒップアップが楽になる。

 

 今回のケースは多裂筋の過緊張によって、腸腰筋が筋力低下を起こしたパターン。

腰椎は過前彎になりやすく、大腿筋膜張筋や大腿四頭筋も緊張が強くなります。

 

ですので、多裂筋の過緊張を緩めて、腸腰筋の出力を上げるように施術すれば良い。

というのは簡単だけど、するのは大変。

でも、相反作用を使えば多裂筋も簡単に緩めることが可能です。

 

現在では朝イチの痛みも10→1くらいになり、起床後3分だけ痛くてあとは夜、寝るまで全く痛みを感じなくなりました。

あと1・2回でその3分の痛みもなくなるでしょう。

 

坐骨神経痛でお悩みの方は当院までご相談ください。

 

https://ym-murakami.net/