村上接骨院のブログ

埼玉県川越市村上接骨院のブログです。日々の症例や治療についての考えを綴っています。

5年前からの両股関節の痛み

48歳会社員(デスクワーク)

5~6年前から左右の股関節から下肢(特に前面)の痛みが起こるようになる。

 

ひどい時は市販の薬を飲んだりしていて病院に行ったことがない・・・

 

2年位前から痛みが酷くなる。

 

反り腰が強く、大腿筋膜張筋の圧痛が強い。
検査して太ももまで痛みがあるというので始めは大腿神経痛ではないかと疑ったが、さらに検査をすすめるとどうやら左右とも股関節の異常(おそらく変形性股関節症)による痛みと大腿部までの放散痛であると言うことが推測できた。

 

上向きで膝を伸ばして脚をあげると痛くて左は出来ない。
股関節の内外旋の可動域制限もある。

f:id:ymmurakami4378:20191113105542g:plain

 

大腿筋膜張筋や大腿直筋が過緊張(固くなっている)のは腰椎を支える多裂筋や股関節や膝を支える内転筋が筋力低下をして、その代用する為に頑張りすぎて過緊張をおこしています。

 

ですので、多裂筋や内転筋をメインに筋力低下している部分を促通してあげるのが一番の近道なのです。

 

かなり痛みの強い股関節痛だったのですが、10回の治療が終わる頃にはいつも痛かった通勤の帰りも痛みなく歩けるようになりました。

 

まだお若いので今後、変形性股関節症で歩行困難にならないように、これからも施術を継続していきます。

 

股関節の痛みでお困りの方は当院までご相談ください。

https://ym-murakami.net/

f:id:ymmurakami4378:20191113105615p:plain