村上整体院のブログ

埼玉県川越市村上整体院のブログです。日々の症例や治療についての考えを綴っています。

自律神経の乱れによる不調の種類

村上整体院 村上です。

今日のテーマは

【自律神経の乱れによる不調の種類】についてです。

アクセルである交感神経とブレーキである副交感神経。
両方がしっかりと機能していることが【自律神経の整った状態】です。
一方で、それぞれが正しく機能していないと自律神経の乱れた状態になります。

自律神経の乱れは、体や心に様々な辛い症状を引き起こしますが、その主な要因となるのが血流の悪化です。

交感神経が過剰になると血管が収縮して、血流の流れが悪くなります。
更に副交感神経の働きが低下していると血流が改善されずに脳や内臓にまでダメージが及びます。

f:id:ymmurakami4378:20220317101026p:plain

身体的な不調では、だるさや疲れやすさをはじめ、血液循環が悪くなることによる頭痛や肩こり、内臓機能の低下による下痢や便秘、肌荒れなどが挙げられます。

免疫力が低下して、風邪や感染症にもかかりやすくなります。
長期的には血管の収縮が続くことによる高血圧、血液がドロドロになり血管内皮に傷がつく事による動脈硬化、更にはそこから血栓が生じて脳梗塞心筋梗塞など、命に関わる重大な病気につながる恐れもあります。

精神的な不調ではイライラしやすくなったり、やる気が低下したり、不眠や過眠といった睡眠異常が現れることがあります。

これらは「この程度の症状」と軽く見てはいけません。

自律神経の乱れが大きな病気の第一歩になることもあるのです。

 

ym-murakami.net