村上接骨院のブログ

埼玉県川越市村上接骨院のブログです。日々の症例や治療についての考えを綴っています。

60歳の女性の膝の痛み(半月板損傷疑い)

60歳主婦。 さいたま市より来院


昨年6月頃からの右膝内側の痛み。


当初はちょっと捻った時のみ痛くて、普段は大丈夫だった。

退職して運動不足解消の為に20000歩歩いたりしていた。
ここ10日くらい前から急に痛みが強くなる。

歩行時痛著名、抱え込み90°、ひざの内側に圧痛あり。あぐら時痛あり。
整形外科的検査でも半月板損傷を疑う初見があります。

骨盤はやや反り腰。


腰の腸腰筋と多裂筋、膝の内側ハムストリングと内転筋を痛みない範囲で促通する。

あとは関節軸を合わせて正常な関節運動が出来るようにする。
セルフトレーニングを指導して自宅でもやってもらう。

 

5回の施術で圧痛や抱え込みの痛みがなくなる。

7回で完全に伸びなかった膝がまっすぐに伸びるようになり、歩行時痛もなくなる。

その後は、経過確認しながら間隔をあけて施術を行っています。

 

膝の痛みには4つの筋肉
・腸腰筋
・多裂筋(腹横筋)
・内側ハムストリング
・内転筋
をしっかりと働くようにすることが重要です。

f:id:ymmurakami4378:20200205103524j:plain

この4つの筋肉がバランス良く働くことで腰や股関節、膝関節の正常な動きが行う事が出来ます。


どこか1つでも筋力低下を起こして働きが悪くなると関節の正常な動きが出来なくなり痛みとなって行きます。

この4つの筋肉を単独で収縮させるにはちょっとコツが要ります。

そのが、治療の真骨頂となります。

 

膝の痛みでお悩みの方、自分の身体を根本から治して、痛みのない生活を目指しませんか!

お気軽にご相談くださいね。

 

https://ym-murakami.net/hiza